青山一丁目ペン字筆ペン教室で、毎年人気の「新年に運気を上げて、ご縁を深める年賀状レッスン」

 

年賀状レッスン、楽しく開催中です

今年も楽しく始まっています。

 

ペンでも、筆ペンでも、字の練習ができるだけでなく、スタンプを押したり、シールを貼ったりして、素敵な一枚を作れるのが人気です。

 

そんな「年賀状レッスン」にご参加の生徒さんから質問が出ました。

 

「年賀状には「。」ってつけなくていいんですか?」

年賀状に句読点はいる?いらない?

 

はい、年賀状には、「。」や「、」などの句読点は不要です。

え、そうなの?と思いますよね。ご説明します。

もともと、日本語の文章には、句読点はありませんでした。

昔の人が書いた手紙など、延々と(読めない字であせる句読点なしに書かれていますよね。

これではあんまり読みにくい、ということで、句読点を加えるようになったのです。

つまり、読みやすく、文章に「区切りをつける」ため、につけるのが句読点。

ですから、
おめでたい新年の挨拶では「区切りをつけない」=「途切れなく、とどこおりなく、新しい年の物事がはこびますように」
という配慮から、年賀状には句読点をつけなくてよい、とされているのです。

年賀状に句読点は入れません

・・・などと聞くと、決まりごととかあるから、年賀状って面倒くさい。と思われる方がいるかもしれませんね。

多少、決まりごとやマナーが守れていなくても、年賀状をもらって怒るような人はいないと思いますので、気にして出さない

ぐらいなら、出したほうがいいと思います。

大切なのは、やっぱり気持ち。

年賀状を出す相手の、新年の幸せを祈って、書いて出すことがなにより大事です。

そうは言っても、大人の女性として、年賀状をはじめとするお手紙のマナーは、知っておけばいざというときにやっぱり安心!