東京・港区、本当に美しい字と手紙のマナーが身につく、青山一丁目ペン字筆ペン教室の、

川南富美恵(かわみなみふみえ)です。

 

青山一丁目ペン字筆ペン教室で、一番人気なのが「ペン字〜大人の美文字基礎コース」。

このペン字レッスンの基礎コースでは、まず、ひらがなの練習にじっくり取り組んでいただきます。

このように、マス目の入った紙で練習します。

{7D075922-3519-41D0-B93C-3B7DA04AD6E3}

こちらは、レッスン5回目の生徒さんの字です。

安定してきれいに書けるようになっています♪

このように、最初はタテヨコにマス目があるほうが、点をどこに置くか、線をどこにひくか、

基本がわかりやすいのです。

しかし、、、

会社で書く書類にしろ、ちょっとしたメモにしろ、お手紙にしろ、、、

実際には、マス目のある紙に書く機会はほとんどない!


{D38175E9-6EEE-4CCB-AA9E-20CE120D2A36}

 

・・・当然ですね。

ですから、「マス目のある紙」に、一文字一文字、きれいに書けるようになりましたー!がゴールではないんです。

「マス目のない紙」にも、きれいに、バランスよく書けるようになることが目標=ゴールです。

いざ、マス目のない紙に書いてみると「えー、もっと書けると思ったのにー」とショックを受ける方も汗

{8129F478-1962-4201-8B6A-7AEE6CD86FBA}

 

マス目のある紙にはきれいに書けていたのに、なぜこうなるかというと、

・マス目がない状態に慣れていない
・字と字の間隔を、どれぐらいあけたらいいかわからない
・字の大きさがバラバラになってしまう

 

なので、一つ一つの字がきれいに書けるようになったら、次は、バランスや余白を

考えることが大切になってきます。

これができないと、たとえ一つ一つの字がきれいでも、全体を見たときに、あれれ?

となってしまうんです。

・字の大きさのバランス
・字と字の間隔のあけかた
・少し小さめに書くときれいに見えるひらがな←あるんですよー。
・紙全体の余白のとりかた

 

など、お伝えして練習していただきますので、だんだんと「マス目のない紙」にも、

きれいに書けるようになります。 ショックを受けた方も大丈夫ですよ〜。

{7145F2BA-E21C-4919-AC5E-8A408309280A}

きれいな字の基礎を身につけたうえに、バランスと余白の取り方がうまくなれば、

もう怖いものなし!です。
怖いものなし!でスラスラ字を書けるようになりたい方は、ぜひお越し下さいね。

 

{CA851D0D-7537-492A-8FFB-FA75578ABC6F}