6月21日は、父の日でもあり、また、夏至でもあります。

{BA28013E-EB59-4B0A-AEB3-A51EFBC06DFF}

 

夏至:一年で、もっとも日が長く夜が短いころ。

今日はさらに、太陽の一部が欠けたように見える「部分日食」が各地で観測された特別な日でした。
そんな夏至の日曜日。
毎月、第3日曜日は、よみうりカルチャー自由が丘で「日曜朝の大人のたしなみ美文字」レッスンです。
 
 
 
感染対策のため、かなり机を離していおこなわれています。
この「日曜朝の大人のたしなみ美文字」レッスンは、きれいな字に加えて、季節の挨拶や、言葉の使い方も楽しみながら学んでいただける内容となっています。
今日は、「夏至」の字のきれいな書き方と、二十四節気について説明しました。
.
.
季節の言葉は、その季節のエネルギーを宿していると言われます。
ですから、その言葉を自分の手で書くと、自分の中に季節のエネルギーを取り込めるということになります。
よかったら、ご自分でも書いてみてくださいね!
.
さらに、6月の挨拶として、
「あじさいの花が美しく咲くころ」を練習。
.
梅雨どきにお手紙を出すと、つい、「毎日雨で憂鬱ですね」とか、「うっとうしい季節になりました」などと書いてしまいがちですが、それはお勧めできません。

この時期、雨が続いて、憂鬱でうっとうしい季節だと、誰もが感じているのです。

そんなことが、あらためて書いてあるお手紙やハガキを受け取っても、ちっとも良い気分にはなれないと思いませんか?

それなら、「あじさいの美しさ」に触れたり、「街中に傘の花がカラフルに咲いています」などといった、気持ちが明るくなるような言葉を書いたほうが、気分が良くなりますよね!

.
夏の挨拶も同じです。
厳しい暑さが続く7月、8月には、つい「毎日うだるような暑さですね」とか、「今年の暑さは身にこたえます」などと書いてしまいがちですが、せっかく大切な方に送る手紙やハガキです。もっと、受け取った方が、元気になれる言葉を書いてみましょう。

たとえば、「ひまわりの花が空に向かって元気に咲いています」や、「冷やしたスイカがことのほか美味しい季節になりました」など。

.

そんな、明るく気持ちの良い季節の挨拶を、きれいな字で書けたら素敵です。

それを、悩まずにさらっとできるのが大人のたしなみ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

よみうりカルチャー自由が丘「日曜朝の大人のたしなみ美文字レッスン」

毎月第3 日曜日 10:30~12:00

6/21、7/19、8/30、9/20

受講料:6か月 4回 10,560円

詳しくはこちら

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

土曜日の「あなたの希望をかなえる美文字」をご希望の方はこちらです。

よみうりカルチャー自由が丘「あなたの希望をかなえる美文字」2020年7月期申込受付中!

☆13:30〜15:00のAクラスは、現在満席となっております。

☆15:30〜17:00のBクラスにお申し込み下さい。

※体験・見学、途中入会も可能です。

こちらの詳細については電話でお問い合わせください 03−3723−7100

よみうりカルチャー自由が丘
 

東京都世田谷区奥沢5-27-5 魚菜ビル3階