一生使えるきれいな字と、誰に出しても恥ずかしくない手紙のマナーが身につく、東京・港区、青山一丁目ペン字筆ペン教室です。

今朝7/8放送の TBS「あさチャン」にて、美文字特集が組まれ、青山一丁目ペン字筆ペン教室のレッスンの様子が放映されました。

先日、夜のクラスに取材に来られたのです。

・今、デジタル時代に手書きブーム

・美文字を習いたいという人が増えている

という特集。このことは、日々、とても強く感じております。

なぜなら、青山一丁目ペン字筆ペン教室に、日々、たくさんの生徒さんが来てくださっているからです。

今回は、生徒さんのインタビューがメインで、ご協力いただいた生徒さん、本当にありがとうございました。

お話してくださったのに、その部分が放送されなかった方は申し訳ございません。

インタビューが放送された社長秘書の方や、高校の先生のほかに、本当にいろいろなお仕事の方が、教室には通われています。

皆さんそれぞれに、

・お仕事で使うための字をきれいにしたい、それによって、
・お仕事を円滑に、よりよく進めたい、というご希望です。

もちろん、お仕事の場面だけではなく、

・お手紙をきれいに書きたい

・お子さんの連絡帳や学校に出す書類などをきちんと書きたい

といった、日常生活に役立てたい方や、

・自分の字にコンプレックスがあり、字を変えて自信をつけたい

・きれいな字ですね、と言われるような字を書いてみたい♪

といった、特に何かの目的というのではなく、字そのものをきれいにしたい、というご希望の方など、、、

青山一丁目ペン字筆ペン教室にお越しいただく皆さんのご希望はさまざまです。

でも、共通していることは、皆さん「手書きの文字」に意味を感じていらっしゃること!

AI全盛の時代だからこそ、手書き文字の力が、改めて見直されている、と強く感じるこのごろです。

当日は、テレビの担当者の方に、「皆さん、字がきれいですよねー」と驚かれました。

この教室に通われているんですから、当然です。

これからも、手書きの文字、美しい文字で、お仕事も、日常の人間関係も、どんどん良い方向に向かっていってくださいね!