一生使えるきれいな字と、季節の手紙のマナーが身につく、東京・港区、青山一丁目ペン字筆ペン教室の川南富美恵(かわみなみふみえ)です。

さて、いよいよ始まりましたよ!

何が始まったかというと、年賀状の受付です!

令和初となる年賀状の受け付けは、15日から全国で一斉に始まりました。

都内で行われたセレモニーには、嵐の櫻井翔さん、二宮和也さんが登場したり、大賑わいでしたが、青山一丁目ペン字筆ペン教室には、、、

 

フジテレビの取材が入り、「Live News It! 」で放送されました!
全体の企画は、「年賀状を出す人が残念ながら減っている」というテーマだったのですがあせる

ラインやメールで「あけおめ」と送れる時代になっても、それでも、手書きで年賀状を出したいと思う人がいるのはなぜか?

・「手書きの文字で思いを伝えたい」
・「年賀状という、日本独自の文化を大切にしたい」

という気持ちで、「年賀状レッスン」に通われる生徒さんたちを取材していただきました。

年々発行部数が減っている年賀状ですが、逆に、減っているからこそ、出せば目立てますよ^^

それに、知っている方すべてに手書きは難しくても、特にお世話になった方とか、大切な友人とか、遠くに離れて住むご両親や、、そういった方にだけでも、手書きを出してみるのはいかがでしょうか?

私は、年賀状は、義務として仕方なく出すものではなくて、

・今年一年の感謝を込めて

・新しい年に、幸せが訪れますようにと願って

大切な方に送る「新年最初のプレゼント」だと思っています。

まだ間に合います!