あっという間に6月も半ばを過ぎ、夏至を迎えました。

.

.

関西では、この時期にタコを食べる風習があるそうですが、皆さんのお住まいの地域ではいかがですか?

.

夏至のような、季節の言葉や、その時期に咲く花などを、さらっと書けたら素敵ですね♪

きれいな字だけでなく、そんな季節の言葉や、お手紙の書き方もお伝えしているのが、青山一丁目ペン字筆ペン教室のレッスンです。

.

.

この時期は、たとえば、「夏至」の字のきれいな書き方と、二十四節気について説明し、練習していただきます。
.
.
季節の言葉には、その季節のエネルギーが宿ると言われています。

ですから、それを自分の手で書くことで、そのエネルギーを自分の中に取り込むことができるんですよ!ぜひ、やってみてくださいね。
.

さらに、6月の挨拶として、

「あじさいの花が美しく咲くころ」を練習。
.
.
梅雨どきにお手紙を出すと、つい、「毎日雨で憂鬱ですね」とか、「うっとうしい季節になりました」なーんて書いてしまいがちですが、それはやめましょう🙅‍♂️
.

この時期、雨が続いて、ジメジメして、ジトジトして、憂鬱でうっとうしいことは、みんな実感しているのです汗

それをわざわざ念押しする必要はありませんね😅
.
ですから、上記のように「あじさいの美しさ」に触れたり、
.

.
傘を花にたとえたり、など、気持ちが明るくなるような言葉を書いたほうが、気分が良くなりますよね♪

.
そんな、明るく気持ちの良い季節の挨拶を、きれいな字で書けたら素敵です。

それをさらっとできるのが大人のたしなみです。
.
そういうことが、さらっとできるようになったらいいな♪と思ったら、青山一丁目でお会いしましょう。