東京・港区、青山一丁目ペン字筆ペン教室です。

とつぜんですが、質問です。

日本語の文章は、ほぼ、漢字とひらがなで書かれています。その、漢字と、ひらがなの比率って、どれぐらいかごぞんじですか?

漢字⚪️割:ひらがな⚪️割 ← ⚪️に数字を入れてください。

正解は、






漢字3割:ひらがな7割、です。

新聞、雑誌なども、おおよそこの比率になっています。

ということは、きれいな字で文章を書きたいと思ったら、大事なのはひらがな!

「ひらがなを制する者は、美文字を制す」といっても過言ではありません!

{D546AD50-4016-416D-86AE-130847771FE8}

えー、ひらがななんて、漢字に比べたら簡単じゃない?って思っている方が多いかもしれません。

でも私は、ひらがなのほうが難しいと思っています。

だって、曲線が多いうえに、画数が少ないからこそ、ごまかせないんです。

でもでも、文章の7割がひらがなということは、ひらがなをきれいに書ければ、美文字度はぐっとアップするということですね!ペン字レッスンの「大人の美文字基礎コース」では、ひらがなから丁寧にご指導します。

いきなり、「あいうえお」からは始めません。だって、「あ」は難しいですから!

{8FFB9F18-74A1-4AF4-8F09-0D1797629A54}

「つ」「く」「し」など、一画で書けて、単純な字から始めて、だんだんステップアップしていきます。

あなたが書いた字の、どこに問題があって美文字に見えないか、そこをお伝えするので、「どこをどう直せばいいのか」わかります。

じつは、これがわからない方が多いんです。

わからないまま練習しても、なかなか上達できません。

「一人でペン字練習帳をやってみてもダメでしたー」となってしまうのはそのせいなんです。でも、そんな経験のある方も、必ず「美文字のコツ」を身につけていただけます。

{05033E24-6FA0-400F-9DE3-9E0442832DD0}

ひらがなを美しく書ければ、美文字の7割を手に入れるのと同じ♪

青山一丁目ペン字筆ペン教室で一番人気のペン字レッスン「大人の美文字基礎コース」で手に入れていただけます。