あっというまに師走になり、年賀状の準備に大わらわ、という方も多いのでは?

 

一年に一度、今年一年の感謝を伝え、新しい年の健康と幸せを願う年賀状。

 

素敵な年賀状で、大切な方とのご縁を深めませんか

 

そんな年賀状の知って得する「年賀状豆知識シリーズ」。

 

3回目の今日は、まちがい探しです。
次の文章で、よくないところはどこでしょうか?

「あけましておめでとうございます。
去年もお世話になりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。」



正解は、、


「去年」です。

なぜかというと、、、

 

年賀状は新年を祝う、おめでたいもの。

でも、「去年」の「去」は、去る=離別を連想させる、「忌み言葉」ですから、おめでたい年賀状には、用いないのが原則です!

結婚式の挨拶で、「切る」や、「終わる」などの言葉がよくないのと一緒ですね。(別れるは論外^^;)

 

年賀状は、良い年になりますように、という願いをこめて書きましょう

それに、ご縁を深めようという年賀状に、離別の漢字を書くなんて、新年早々、「さようなら〜」という感じですよね。

そこまで気にしなくても、と思うかもしれませんが、言葉には、言霊があると言われていますから、悪い言葉は使わないほうが、きっと良い年になると思います。

これまでお世話になった感謝を伝えたいなら、「昨年は」「旧年中は」を使いましょう♪

 

そんな言葉を実際に練習できる「新年に運気を上げてご縁を深める年賀状レッスン」楽しく開催しています。

年賀状レッスン、楽しく開催中です

 

金の筆ペンを使ったり、シールを貼ったり、豪華な年賀状を作れます

生徒さんの素敵な作品が次々に生まれていて、お正月が楽しみです。