青山一丁目ペン字筆ペン教室への、ご質問やお問い合わせでよくいただくのが、、

「どれぐらいで字がうまくなりますか?」です。

はい、それが気になるのは、当然のことと思います。で、、、

じつは、字は、1回でも変化します。

青山一丁目ペン字筆ペン教室の初回体験レッスンでは、こんなに字が変化します

あなたの字に、どんなクセがあるか、どこを直すと理想の字に近づいていけるかをお伝えし、そこに注意して練習していただくと、1回でも「わぁー、こんなに!」と、ご自分で驚かれるほど字は変化します。

が、1回だけだと、残念ながら、ほとんどの方が元に戻ってしまうんです汗

それはなぜかというと、、、

脳は新しいことを嫌うから、です。

・・・の、脳??と思われますか?^^;

字のレッスンに限らず、新しいことを始めるって、大変ですよね。

よし、やるぞ!と決心したのに、なぜかできない。やりだしても、続かない。

なぜでしょうか?それは、、、

 

人間の脳は、新しいことを嫌うから、と言われています。

大昔は、「新しいこと」=「危険!」でした。

・誰も食べたことがない新しいものを食べる→毒が入っていて死んでしまうかも(~_~;)
・誰も行ったことがない新しい土地に行く→どんな危険があるかわからない(~_~;)

新しいことは、ときに、命がけだったはずです。

こうした経験を重ねて、脳は、
「新しいこと」=「危険なこと」
「慣れ親しんだこと」「いつもやっていること」=「安全」。と認識。

なので、あなたが新しいことを始めようすると、「そんなこと始めなくていいじゃない?」「今のままのが安全だよ」←脳の声 と、「あなたの脳」が邪魔している可能性が高いのです!

これって、字を変えようとするときにも同じです。

新しいきれいな字が、気持ちがよくて安全なものだと、脳に教えてあげましょう

あなたが何十年も書いてきた字は、あなたの脳にとって、慣れ親しんだ「安全」なもの。

これを、違う字に変えようというのは、「新しいこと」で「危険なこと」なのです。

ですから、元に戻ろうよ、と邪魔してきます。

この邪魔をやめさせるには、「脳を安心させる」しかありません。

繰り返し新しいことに取り組み、「新しいことをやっても大丈夫!」「新しいことのほうがいいことなのよ」と脳に認識させていくのです。

左側の字を、普通に書けるようになるまでには、少し時間がかかります

字も同じで、繰り返し「理想の字」を書いていくことで、「新しい字って、危険じゃないんだ^^」「むしろ、こっちの字のほうが気持ちがいいな」と脳が安心して認識するまで、少々時間がかかる、というわけなんです。

これを私は、「字の脳内変換作業」って呼んでいるのですが、これにだいたい、月に2〜3回通っていただいて、3ヶ月ぐらいかかるのが平均的かなと思います。

もちろん、家でも、少しでもいいので練習していただくと、その期間は短くなります^^

お手本に頼らなくても、自分できれいな字が書けるようになっていきます

だいたい、4ヶ月目ぐらいから、習った字であれば、お手本を見なくても、あまり悩まずに書けるようになる方が多いんです。

最初の「脳内変換作業」期間は、正直に言って、ちょっとつらいかもしれません。。。

・教室ではうまく書けたのに、会社で書類を書いてみたら、元に戻っちゃいます。

・お手紙を書こうとしても、お手本を見ないとやっぱり書けません。

そんな時期があります。

でも、そこをこえると、必ず「自分で」きれいな字を書けるときがやってきます。

そうなると、字を書くこと自体が楽しくなって、もっと字を書くようになる→もっときれいな字になる→さらに嬉しくなって、、、という、「美文字のハッピーサイクル」に入ることができますよ♪