青山一丁目ペン字筆ペン教室で、一番たくさんの方に受けていただいているのが「ペン字レッスン」。

{15D5B656-D0A6-48CD-AC49-2F0B21B76CFC}

 

「ペン字レッスン」の体験では、なによりも大切なあなたのお名前と、書く機会の多いご住所。そして、よく使う簡単なあいさつ文を練習します。

こちらは、千葉県からお越しの生徒さんが最初に書いた住所です。

「県」の字にご注目ください

気になるのは、「県」の、「目」の字の部分。
下の方がすぼまって閉じています。うーん、もったいない!

こちらは、他の生徒さんのあいさつ文。

きれいな字に見えない原因はどこだと思いますか?

んん?「願」の右側、やはり「目」の字が、下に行くにつれて細くなっています。残念!

「目」の字のタテ線は、真下に、まっすぐ下ろしましょう!

 
 
{978CDE56-F205-4A08-B3BE-95E242615BD8}



下のほうを細く閉じません。

{6A9E6A93-4672-4842-9659-C67A9337289E}
ですから、「目」の字が含まれる「県」も、「願」も、まっすぐ書いて、下を閉じません。
 
 
{A3F461FF-1997-4F31-93F4-A10D42536EE3}
 
 
自分の字のクセは、自分ではわからない

目の字の下のほうをすぼめて書いてしまう人は、速書きの方が多いです。

しゃしゃっと、かなりのスピードで字を書くので、きちんと90度に曲がっているヒマがない→どんどん字を崩してしまったと思われます。

そして、それがすっかりあたりまえになっているので、言われてビックリする方がほとんどです。

こういうご自分の字のクセって、一人でペン字練習帳をやったりしていても、ご自分ではなかなか気づかないんですね。

でも、自分の字のクセを知って、そこを直していくほうが、ずっと早く美文字に近づけます。

{D06FADCD-80AB-4EE9-8ACA-DF73C1458DFC}

はじめの写真の生徒さんも、ご自分の字のクセを知って、90分でここまで字が変化しました!


{8EF248DE-ABB8-457D-863A-96DA7C9DFCDE}