東京・港区、大人のための青山一丁目ペン字筆ペン教室です。

「手紙や書類をきれいに書けたらいいなあ」と思っている方は多いはず。

お手紙でも書類でも、「きれいに書いてあるなあ」と思われるためには、、、

ひらがながきれいなこと!が大事です。

なぜかというと、、、

日本語の文章は、ひらがな7割:漢字3割 で構成されているからです。(場合によっては、ひらがなが7.5割以上のときも)

新聞、雑誌なども、おおよそこの比率になっています。

ものすごく時間があるときに、字の数を数えてみてくださいね^^

お手紙でも書類でも、文章の7割はひらがなで書かれています

↑これも、ひらがなが全体の7割ぐらいです。

ということは、きれいな字で文章を書きたいと思ったら、大事なのはひらがな!

ひらがなを制する者は、美文字を制す!

といっても過言ではありません。

ひらがななんて、漢字に比べたら簡単でしょ? だって、漢字のほうが画数も多いし、複雑な字もいっぱいあるし、、、なーんて思っていませんか?

いえいえ、ひらがなのほうが難しいと思います。

なぜなら、一つ一つの形がほぼすべて異なり、曲線が多く、画数が少ないから(画数が少ないほうが、ごまかしがきかないのです)です。

でも、だからこそ、ひらがなを「攻略」すれば、美文字度はぐっとアップするということですね!

ペン字の「大人の美文字基礎コース」では、ひらがなの基礎から丁寧にご指導します。

それも、「あいうえお」からは始めません。

一画で書ける簡単なひらがなから練習をスタートします

「つ」「く」「し」など、一画で書け、ひらがな特有の曲線のコツをつかめるやさしい字から始めて、だんだんステップアップしていきます。

青山一丁目ペン字書道教室 美文字 優しいレッスン

あなたの字の、どこに問題があって美文字に見えないか、を見つけて、それを直しながら練習していきます。

ですから、一人でペン字練習帳をやってみてもダメだったー、という方も、きっと「美文字のコツ」を身につけていただけます。

 

ご一緒に、「7割のひらがな」を攻略して、手紙や書類を美しく書けるようになりませんか?