東京・青山一丁目、大人のペン字筆ペン教室の、川南富美恵(かわみなみふみえ)です
青山一丁目ペン字筆ペン教室には、いろいろなレッスンがありますが、一番たくさんの方が受講されているのは、ペン字レッスン♪

 
 
{AA91A34D-BE51-4388-BECF-F5154E077217}

基礎コースで、ひらがなからみっちりやりたいです!という方が多いです。

なんといっても、ひらがなは文章の7割以上!

新聞や雑誌の記事、小説、お手紙など、どの文章でも、ひらがなの割合が7割なんです。(ぜひ確かめてみてくださいね^ ^)

ですから、ひらがなを制する者は、美文字を制する!といっても過言ではありません。。

簡単なひらがなから、無理なく練習

レッスンでは、「あいうえお」から始めることはしません。

まず、一画で、手の動きが簡単なものから。

 
{B08163D8-D101-468A-8294-0FA5C168D9A8}


ひらがなに大切な曲線、空間の取り方など、覚えていただくのに、いちばん簡単な仲間です。

次に、「こいり」

{98DBF01A-FBCF-4522-B051-FF94BF37BD6A}

向かい合う2本線の仲間ですね。

そして、似た特徴があるものは、それをポイントにお教えします。

たとえば、「て」と「そ」

{BE781AF3-6BDA-402E-8DCA-D63221B267D4}

「そ」の字をよく見てみると、、、

{58C1A350-E386-4679-A470-F59798CCBDD8}

「て」が隠れていましたよ^^

つまり、「そ」を書くとき、下の部分は、「て」の書き方を思い出して書けばいいんですね。

次は、「ち」と「ら」

{7A3B236E-2E94-4366-A2AE-C490DFBDB2B4}

赤い部分をご覧ください。

{38FBE6E7-A361-4718-BE0E-958402206A44}

ほとんど同じなんですねー。ですから、一緒に覚えていただきます。

というふうに、簡単なものから無理なく、そして、似た特徴を持つものは一緒に。

こうやって練習していきますので、着実に美しい字の形を身につけられます。

文章の7割を占めるひらがなをきれいに書けるようになれば、美文字の7割を手にしたも同じです!

まず、美文字の7割を手に入れたい方、お待ちしています。